管理人(はね)とKAWASAKI W800(11ゴールド)とその他イロイロ。

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタクシのSTは、現行のE typeではなく、ノーマルなのでマフラーは黒色です。
で、キャブトンマフラーに交換してから早4年半。
あれほど素敵だった黒色マフラーに赤錆発生。(写真撮り忘れ)
まあいいやとしばらく放置していた訳でありますが、ふと気になって調べてみました。
赤錆って浸食するんですってね。

Σ(・∀・;)え?


ST乗りの方ならご存知だと思いますが、現行はE typeのみです。
E typeのマフラーは黒ではなく、メッキです。

ノーマルが廃止になって2年ほどでしょうか。
そうなるとおそらくカスタムパーツメーカーも製造をやめるかもしれません。
今、ワタクシが取り付けている黒色キャブトンは実はもうないのかもしれません。

なんとかして赤錆を止めなければということで思いついたのがサビチェンジャー
赤錆を黒錆に変換させる素敵な液体です。

とりあえずこれをワタクシのSTのマフラーに塗ってみます。
SH370278.jpg
綺麗に真っ黒になりました。素敵。

2日間乾燥後、走ってみます。
SH370279.jpg
赤錆復活。サビチェンジャーって耐熱性はないみたいですね。

さて、それではどうしようか。・・・分からない。
どうしたらよいか分かる方、教えて頂けると幸いです(`・ω・´)




いっそうのこと赤く染めてしまえば?と、冗談はさておき。
錆は取り除いてしまわないと根本解決にはなりません。錆は錆を呼びます。
ワイヤーブラシ等で錆を完璧に取り、錆止めの下地を塗り、その上に塗料を塗ります。その上から塗料保護の意味でクリアーを塗ると尚良いです。マフラーなら耐熱塗料ですね。
錆の上から塗料を塗っても最初は良いですが時間がたつと塗料ごと剥がれ落ちます。
塗装は結構な時間と労力を費やします。それに比例して完成度も上がりますが。

あと、錆を取った状態の生金属の状態も酸化しやすいのですぐ錆びますよ。私も沿岸部なので錆には悩まされますが、ある程度は妥協しています。
【2010/09/26 18:17】 URL | yoshi #-[ 編集]
>yoshiさん
コメントありがとうございます(`・ω・´)
錆対策は結構大変なんですね・・・油断してました。耐熱塗料検討してみます。ある程度妥協、うーん、悩みどころであります。
【2010/09/27 20:35】 URL | はね #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はねログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。