管理人(はね)とKAWASAKI W800(11ゴールド)とその他イロイロ。

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回、諸事情により入館できなかった東京都写真美術館に行ってきました(`・ω・´)

実は午前中のアルバイトが終わってから買い物に行こうと思ってた訳ですが、
アルバイト自体がまだ朝定食が食べられる時間帯に終わってしまい、
買い物予定の店の開店時間には結構時間があったのでどうしたものかなぁ、と。
それで渋谷で一応電車を降りたものの、再び同じ電車に乗り込んだ次第でございます。

「そうだ、写美へ行こう(`・ω・´)恵比寿へ行こう。」

そんな経緯で行ってみました。思いつきだろという事は秘密でもあります。
今日は開館してました(`・ω・´)職員の皆さんありがとう。

さて、一番の目的は写美1Fのショップだった訳ですが、同時に展示会もやっておりました。
・土田ヒロミのニッポン
・スティル/アライブ
・文学の触覚

全部で3つの展示会。そのうち2つがなぜか入場無料。
1つはなぜか東京マラソンなので無料らしい。詳しいことは不明。

無料に弱い日本人。そしてワタクシ。
無料ならと思って1つの展示会を鑑賞しました。

まずは「土田ヒロミのニッポン」から。
日本の土俗的な文化、ヒロシマ、高度経済成長、バブル経済などのテーマを通して
変貌する日本の姿を撮り続けているそうです。

ああ、昔はこんなんだったんだなあと思い、特に何も考えずに写真を見ながら進む。
しかし一つのテーマでかなり立ち止まってしまいました。「ヒロシマ」です。
ヒロシマがテーマということは、原爆関係です。
原爆時に生き残った数人の写真とコメント。10数文字程度ですが、生々しい。
ある方は「コメント拒否」でした。思い出したくもないのでしょう。

そしてもう一つ。原爆で亡くなった方の遺品の写真。
教科書で語られなかった現実がそこにあった気がしました。
一つ一つの遺品にそれぞれの歴史があり、原爆の恐ろしさを再認識しました。

これが現実なのか・・・と思いながらも深く見続けていく。本当に知らない世界だ。
ワタクシよりもちょっと先に写真を見ていたワタクシよりもやや若い女の子も
涙を溜めながら見進めておりました。気持はよく分かる。

ワタクシもこの「ヒロシマ」を見た後はすぐに展示会場を後にしました。



ううむ。いろいろと考えさせられる。

残りの展示会も見てみよう(`・ω・´)



結局、全部見てきました(`・ω・´)
レポは後日。
P1010694_convert_20080217185406.jpg


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はねログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。