管理人(はね)とKAWASAKI W800(11ゴールド)とその他イロイロ。

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタシャといっても痛車の方です。

    痛車は↓参照
先日、イタシャ=痛車特集本を読んで寒気がしたのですが、
リアル痛車を発見してしまいました。


実際の痛車を見ると、正直私は引いてしまいました。
シートまでアニメキャラなんですね・・・

こういうカスタムは絶対にできないなぁと。
いや、驚きです。
スポンサーサイト

久しぶりに40km位走りました。
天気がいい日はライディングも楽しいものです。

で、先日購入したアルキャンハンズのグリップのインプレです。
0704152.jpg

このグリップですが、失敗でした。
結構振動がキツいです。
改めてデイトナの耐震グリップのありがたみが分かりました。
このグリップは完全に失敗です。

とりあえず、↓のようなスロットルアシストを装備してるので
多少は楽ですが、しばらくしたら交換したいと思います。


で、本日の目的はツーリング用バッグの購入。

こんなバッグがあって、非常に便利そうでした。
ただ、お値段。1万円オーバーは少し高い。
悩みに悩んで結局購入は諦めました。

先生、お金に悩まない生活をしたいです。

この連休。折角なのでプチツーリングに行ってこようと思います。
日程は5/3以降になりそうですが。

ですが、エステイ号の不便な点。
積載性がないこと。

だからバッグが必要です。
今までは無印で買ったディバッグをロープで固定してましたが、
どうにも使いづらい。

そんな訳で専用バッグでも買おうかと。

こんな感じの奴がいいかな。

明日探しに行ってきます。

昨日の深夜くらいから御覧になられた方なら分かるかもですが、
当「はねログ」は目まぐるしくテンプレートが変わっています。

イメチェンしたいと思いつつもなかなかうまくカスタマイズが
出来ずに、結局元に戻してしまうという悪循環。
少しずつタグを覚えているので勉強になっているのは間違いないのですが。
気づけばもうこんな時間。眠いです。

ブログってこだわると難しいですね。

スズキさん主催のモーターサイクルフォトコンテスト
また行われるようです。第二回です。

テーマは「とっておきの一枚」です。

きっと前回受賞のST乗りyoshiさんも参加されることでしょう。
yoshiさんは一眼レフの本格派ですが、私はコンデジで参戦しますよ( ̄ー ̄)

今年こそは受賞したい物です。頑張ります。

今日は尾崎豊が亡くなった日らしい。
知らなかった。

当時の彼は26歳。

それだけです。

タンデムスタイルは毎月25日に発売。
そう。今日です。

今月号はなかなか面白い。
「ビギナーのためのバイク選び必勝法」というテーマです。
それ以外の特集でも結構ST250が取り上げられております。素晴らしい。

タンデムスタイルでは「レトロ」というジャンルに分類されるST250。
「レトロのここが苦手」という項目。

・こまめな洗車が必要
レトロはレトロなだけに、汚くしていると本当に古ぼけて見えてしまう。
サビサビのスポークや白サビの浮いたエンジン・・・はご法度。


なんて書いてありました。

・・・洗車しよう。

先日受けた英会話テストの結果が返ってきました。
STEP BULATSというものらしいです。

結果。中級。

予想外に良かった。
言語の範囲、正確さ、構成力、発音、会話運用力のそれぞれの項目が
通知表のようにA-F判定で判定されるんだけど、ほとんどC判定。
ほとんど勉強してない割にはやるじゃん。俺。

もしかして英会話って結構簡単?

まともにスクール行きたいなぁと考えてます。
その前に仕事を決めないと、ですがorz

ちなみに、今日で無職4ヶ月目を迎えてしまいました。
いい加減ヤバイね。

真鍋かをりさんのブログを見てみた。そして勝手に引用。
ブログタイトルは「転職」です。

「ある人のブログにこんな言葉がありました。

『今やるべきことを必死にやっていれば、
いつのまにか思わぬ引き出しが増えているものです』

ぼくは大変な時期にこれを読んで自分を奮い立たせました」



本人は忘れてたみたいですが、以前、真鍋さん自身がブログに書いたそうです。

この文章を読んだ時、昔お世話になった先輩の言葉を思い出しました。
学生時代に大変お世話になった先輩。
偶然にも真鍋さんと同じような事を行っていました。

「目の前にある事を一生懸命やっていれば、
きっといい事があるでしょう。
少なくとも俺はそう信じています。」



働き出してからこの言葉を忘れてしまったのかな。
真鍋さんのブログのおかげで思い出しました。

それでも会社を辞めてしまった過去は戻らない訳で。
振り返ることよりも、次に同じ事を繰り返さない事の方が大切な訳で。

久しぶりに考えてしまいました。
今もまた就職活動をしていますが、一歩一歩突き進みたいと思います。
真鍋かをりさん、ありがとう。

某所へ英会話テストに行ってきました。
恐らく英検かTOEICに準じたテストだと思います。

全く準備をしないで会場へ向かうと、そのまま個室へ通される。


待つ。


「Hello!」外国人試験官登場。

「Sit down. Sit down.( ̄ー ̄)」この外国人、ノリノリである。
英会話テスト。当然、試験官は英語しか話しません。


テスト開始。

「My name is ○○. What's your name?」
うん、これなら分かる。そして答える。

「What's spelling?」
うん、これも分かる。そして答える。

「How long are you studying ENGLISH?」
うん、これも分かる。そして・・・

・・・・・・?

英語出てこねぇ!!

はい、意味は分かれど英語が出てこない。悲しい現実です。
何とか思い出した英語で答える。これは厳しい。

その後。
会話は理解できる。毎日英語のpodcastingを聞いてる効果が
出てきてるのかも。

ただ、言葉になって出てこない。
ボキャブラリーが足りない。悲しいです。悔しいです。

結果は近いうちに返ってくると思います。ダメだろうな。

昨日買ったアルキャンハンズのグリップ。


買った当初は気づきませんでしたが、メーカー名が思いっきり主張されています。
気づかなかったorz

既に買ってしまった後なので使ってみることにします。
iグリップというらしいです。
リンゴマークのパソコンメーカーに怒られそうな名前ですね。

やり方は耐震グリップ交換の時と同じです。
ただ、前回はグリップボンドをほとんど使用しなかったので
今回のグリップ交換は非常に楽でした。

グリップ交換にはパーツクリーナーは必需品です。

が、パーツクリーナー。有機溶剤です。
グリップに塗装されている青色の塗料。これ、落ちます。
地面側に向けた部分の塗料が若干落ちてしまいました。
なんとなくiグリップに不安を覚えます。

と、いいつつも完成。
作業時間15分程度。楽勝です。
0704152.jpg

なんとなく、デイトナの耐震グリップより悪そうな気がしてきました。

インプレは後日。

デイトナ製pro grip。


0704142.jpg

ついに裂け目登場。捲れば下から青いゴム素材がコンニチワ。

大分劣化してきたようです。
勿論、これで使えない訳ではないけれど。
そんな訳で久々に行ってきました。ライコランド東雲

まずはグリップ探し。
前と同じデイトナはなんとなく止めようかと思ってました。
理由は特になし。いろいろ試してみようと思って。

で、買ったのがこれ。
0704143.jpg

アルキャンハンズというメーカー?らしい。
国産メーカーなので品質は大丈夫かなぁという勝手な妄想です。
近日中に装着したいと思います。

それからハンドルに着けられる時計も探してみました。
結局、いい物は見つかりませんでした。
クラシカルなイメージのあるSTにはデジタル時計は似合わない気がして。

やっぱこれかなぁ・・・。ライコには置いてなかったよ。



わじさんの愛車はST250typeEで取り上げられてましたので、私も便乗。

私は街乗りや近場ツーリングがほとんどで山道はあまり行きません。
そんな訳でそれ用のチェーンルブを使っております。

何本か使って、現在愛用しているのがモチュールのチェーンルブロード

超強力粘着タイプのチェーンオイルです。
チェーンに使用してから数分経つとベタベタになります。
私が今まで使った中でもそのベタベタ具合はかなりのもの。
そんな訳で飛び散り具合は少ないです。

私のような完全オンロード派な方にはオススメです。
ただ、山道によく行かれるような方は砂を噛んでしまうので
辞めておいた方が無難だと思います。

最近、アレなので贅沢が出来ない私です。
唯一の楽しみが携帯クーポン割引で買うマックのバリューセットのみという
素晴らしいこの無職生活。
会社を辞めてから転職活動をしようという考えが甘かったのか。
まぁ、今更後悔しても仕方ないのですが。
それにしても4月になってから面接にも呼ばれなくなったなぁ・・・。
新卒入社でタイミングが物凄い悪いのかしら?

「貧乏は辛いけれど、それなりに楽しいです」という名言がありますが、
  ↑暇な方、google検索して下さい。

んな訳ない!!!

あぁ、新しいグローブ欲しいよ。夏用ジャケット欲しいよ。

こんなジャケットも欲しいよ・・・。

 なんかねー、このブログの管理人最近エステイ号に乗って無いらしいよ。

 !?

 私生活でいろいろありすぎるんだって。いいわけだね。

 ・・・

 昔は気温5度以上のときは乗ってたのにねー。

 orz

先日、友人と飲みに行ってそんな事を言われました。
決してエステイ号に言われた訳ではないのですが、そんな気がして。
図星です。ゴメンナサイ、エステイ号。
今は落ち着かないんです。地に足が着かないんです。
もう少しだけ落ち着いたらいろんな所へ行くから。

いつも当「はねログ」を御覧になって頂き、ありがとうございます。
開設してから2年弱。おかげで100人/日程度の方に御覧になって頂いているようです。
ST250を中心に書き連ねているブログですが、ありがたいことです。

ですが、昨日の出来事。

327??多くない??

妙に気になったのでアクセス解析してみました。
fc2ブログはこんな機能もあるので便利です。
そしたら、あるところからのリンクで飛んでくる方が異様に多くいらっしゃいました。

アキバBlogさんからのリンクでした。

なぜ、アキバBlogさんから飛んでくるのだろうか・・・
原因は前日に書いた私のブログ。そう。痛車ろーど。

『ちょっと気になったので立ち読みしてみた。寒気がしました』


私の感想が引用されていました。びっくり。

いや、それでも他のブログに取り上げてもらって嬉しいですけどね。
少し否定的な感想なのでどうなのかなぁ、と。

それでも私は痛車「イタシャ」は好きにはなれません。
痛車ファンのみなさん、ごめんなさい。

Youtubeの動画です。痛車ろーどのCMです。
お時間のある方、痛車を御覧になってください。

本屋へ行った。

適当にバイク雑誌を立ち読み。
モーターサイクリストなんて雑誌初めて読んでみたけどなかなか面白かった。

ふと目に付く。

痛車ろーど

痛い車と書いて「イタシャ」って読むらしい。
ちょっと気になったので立ち読みしてみた。

寒気がしました。

車体にペイントされたアニメキャラ。
これ、恥ずかしくないのだろうか・・・
痛車=アキバ系オタク???なのだろうか。

車だけならまだしも、バイクや自転車もあるみたいです。
・痛単車=「イタンシャ」
・痛自転車=「イタチャリ」
っていうらしいです。

「イタンシャ」を見てみました。
どんなにカッコいいバイクでも、イタンシャになってしまうと
変わって見えるものです。

「イタチャリ」はねぇ・・・ノーコメントです。
車にもバイクにも乗れない人が乗るんでしょうけどねぇ・・・

興味のある方は本屋へ行って人目につかないように立ち読みしてみてください。

ついに4月になってしまいました。

数日前の桜ですが、もう満開ですね。


新年度です。フレッシュマンの登場です。
外で見かけるフレッシュマン。初々しいです。

私は相変わらずアレですが・・・。
目減りする貯金だけが現実を物語ってます。
そろそろ次の職を決めたいのです。
時期が悪いかなぁと思いつつも時代のせいにしてはいけません。

頑張ります。

プロローグ。某合コンにて。
調子に乗ってバイクの話を少々。

(*・∀・)  えー、私もバイクに乗ってるんだー。
(´∀`) え、何に乗ってるの?250ccでしょ?
(*・∀・)  ううん。違うよ。400ccだよ。
ΣU゚Д゚;U  (マジでか・・・負けたよエステイ号) へー、車種は何? 
(*・∀・)  教えてくれたら教えてあげる。
(´Д`;) (多分マイナーだから知らないだろうな・・・)  ヤマハかホンダでしょ?
(*・∀・)  そうだよー。
(;´Д`) SR?
(*・∀・)  ううん。違う。
(;´Д`) CB400SF?
(*・∀・)  そう。あれ、乗りやすいよね。

その子が乗りやすいと豪語したバイク。CB400SF。

ぶっちゃけ、私の体格ではつま先立ちでした。
だからエステイ号を購入するときに候補にすら挙がらなかったバイクです。
しかしそれは内緒で話は続く。

((;゚Д゚) (教習所で挫折して250cc選んだのに・・・) そうだよねー。あれ、乗りやすいよね。
(*・∀・)  で、はねさんは?
((;゚Д゚) いやぁ、スズキのマイナーな奴だよ。
(*・∀・)  へー。グラトラとか?
((;゚Д゚) ・・・うん、まぁそんな感じ。

スズキのマイナーなバイク。我らがST。


なぁ、兄弟。俺はSTは大好きだ。君達もそうだろう?

CB400SFはいいバイクだよ。でもSTだって歴史は浅いけどいいバイクだと思うんだ。
もっと堂々とすれば良かったかな・・・



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 はねログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。